下米田の家 WEB内覧会6

>

みなさんこんにちは!
A-Studio Lifun です。
ライファンって呼んでください!

今回は洗面所の内覧会を開催します!

洗面所は洗面というだけあって、家族みんなが顔を洗う所。
歯を磨いたり、化粧をしたりするかも。
家族で使い方は色々だと思います。

今回の洗面所の要望は
1、顔を洗う。
2、手を洗う。
3、歯を磨く。
4、髪の毛を乾かす。
5、漬け置き洗いをする。
6、お客さにも使ってもらう。
7、お風呂上り、男と女が一緒にならない。
8、床の掃除が楽に。
という事でした。

特に設計で気にしたことは、要望の中で5、6、7、8の辺りでしょうか。

0A5A8546_1600_800.jpg

下米田の家はリビングから直接洗面に行けます。
奥に見えるガラスの扉、2か所とも洗面に続いています。

左の扉を開けると
左の奥に洗面が有ります。
正面にドライヤー用のコンセントと照明のスイッチ
左には歯ブラシニッチ。

0A5A8406_1600_800.jpg

お客さんにも使ってもらいやすいように、共用スペースに設置。

奥の白い扉を開けると脱衣場とお風呂。

0A5A8411_1600_800.jpg

脱衣場と洗面が隣り合わせ。お風呂から出たら服を着て、
隣の洗面へ移動して髪の毛を乾かしたり、化粧水を塗ったり。

次の人がすぐお風呂に入れます。

子供が小さいうちは関係ないかも知れませんが、
成長すると、娘が着替えているのにお父さんがお風呂に入れば、
もちろん娘は毛嫌いするのでは??
疲れてるから早くお風呂に入りたい。
思春期で、鏡を見たり、髪の毛を乾かすのが長いとか
お父さんがお風呂に入るまで脱衣場から一旦出るとか
そういった事が無くなります。
洗面所は結局廊下に有るって事です。

でも冬は廊下は寒い。って言うのが今の日本の住宅事情。
下米田の家は、どこでも20℃前後。だから快適に髪の毛も乾かすことが出来ます。

0A5A8416_1600_800.jpg

リビングの右の扉から入ると左手にこんな感じで見えます。

洗面ボールは漬け置き洗いが出来る様に大きめのSKを取り付けしました。
深くて、ながくて。SK106?だったかな。
病院流しや実験流しなんて呼ばれてるみたいです。

0A5A8415_1600_800.jpg

左側にはタオルやスットック用品がしまえるように棚があり、
引き出しは予算的に・・・。という事でカゴを利用して引き出し代わりに。

床も掃除しやすいように、棚関係は床には付けず空中に浮かす形に。

そうそう、忘れてはいけないのが、タオル掛け。
特殊なタオル掛けでは有りませんが、岐阜県関市にある杉〇製作所さんが作っているオリジナルタオル掛け。

なにがそうそうかというと、このタオル掛けの名前が、岐阜県の地名が付いています。
そしてLifunがある加子母の名前のタオル掛けがこちら。
Kashimoタオルバーsだったかな?間違ってたらすみません。

加子母って付いているだけで何か愛着が湧いて、どうしても取り付けしたかった代物です。
黒いタオルバーを検討中でしたのでちょうどマッチして良かったです!

LifunではLifunができる最大の住みごこちをご提案したいといつも思っています。

最後まで見て頂きありがとうございました!


にほんブログ村

A-Studio Lifun
HPはこちら
contactはこちら
tel 0573-79-2875
address 岐阜県中津川市加子母3824

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。