下米田の家 WEB内覧会8

>

みなさんこんにちは!
A-Studio Lifun です。
ライファンって呼んでください!

2月の床下エアコン体感イベントには多くの方にご来場いただき誠にありがとうございました!イベントは終わりましたが、ご予約を頂ければご案内できますのでお気軽にお問い合わせくださいね!

今回は下米田の家 WEB内覧会8をお届けします!

0A5A8443_1600_800.jpg

ランドリースペースから奥へウォークスルークローゼットを抜け、主寝室へ
クローゼットの壁は少し下米田の家の雰囲気と変わってますが、壁には本社のある加子母の杉板を張っています。加子母は高級ブランドとして名高い、東濃ひのきがとても有名です。

寝室の中に入ると

0A5A8445_1600_800.jpg

アクセントクロスのグレーの壁紙が落ち着いた印象を与えてくれます。

0A5A8451_1600_800.jpg

リビングでの生活をメインとしている下米田の家は、寝室は最低限のスペースで造って有りますが、
小スペースながらも奥様の化粧スペースはしっかり確保して設計しております。

0A5A8451_1600_800.jpg

左側の机が化粧スペースですね。

少し右を向くと

0A5A8456_1600_800.jpg

右奥に本棚。お子さんの絵本や、自分たちが就寝前に読む本を収納するスペース。枕元にあるので片付けは簡単ですね。

注文住宅は、自分たちが注文する家を造って貰う訳ですが、

お客さんは、
こんな風に作りたい!や、あんな風に作りたい!
と言われます。当たり前の事ですが。

しかし、その理想は、何かの理由が有るからだと思います。

私どもは、どうしてそう造りたいと思われるのですか?
と問いかけます。すると、

今の家の都合が悪い所や、自分の好みのお話をされる事が多いです。
中には、なぜそれを求めているのか?よく分からないが、それが良いって方もお見えです。

その、こうやって造りたい!の理由聞くと
色々ご提案ができます。
こうやって造りたい!って1つの案が、2つ、3つと増えるわけです。

これから家づくりをご検討の方は、
今考えている、理想の家をなぜ思い描いているのか?理由を
まとめてみると、思いもよらない提案をしてもらえると思いますよ。


にほんブログ村

A-Studio Lifun
HPはこちら
contactはこちら
tel 0573-79-2875
address 岐阜県中津川市加子母3824

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。