暑い窓 涼しい窓 

>

みなさんこんにちは!
A-Studio Lifun です。
ライファンって呼んでください!

今回は窓のお話

梅雨が明けてからというもの、ライファンのある岐阜県は猛暑日が続いております。

今日は窓のお話。

0A5A8524_1600_800.jpg

窓は色々な役割が有ると思いますが、
今日のお話は、窓と日差しの関係について。

冬場に日差しが入る窓は良い窓だと思います。

夏場に日差しが入らない窓も良い窓だと思います。

冬場の日差しは太陽の恵みを感じますが、
夏場の日差しは太陽の悪意を感じます。
(あくまでも個人的な意見です。)

家は東西に長く南北に短く

南の窓は大きく、その他の窓は小さく。

南の窓には庇を必ず付ける。

そうすることで、夏場は涼しく、冬場は温かい。そんな窓配置が出来上がります。

東と西は、冬でも夏でも日差しが入ります。日の出、日の入りはどうしても太陽が真横に来ます。

夏の西日は、西日という言葉が有るだけあって、非常にきついです。避けるべき窓の代表ではないでしょうか。

採光や、風通しを考えなければ、個人的には、窓は南さえあれば良いと思っていますが、

居室には採光が必要ですし、換気も必要ですのでそれは難しいですけど。

なぜ南だけで良いと思うかですって?

日差しに関してのお話だからです。

南の窓だけは、何も特別な事をしなくても、

冬は日差しが入り、夏は日差しが入らない窓になるからです。
(南側にそれなりの軒がある家ですが…。)

東と西は、上記で述べたように、1年を通してどうしても日差しが入ります。
冬はいいですが、夏は朝日や西日の直射日光は避けたいですよね。

でも隣地を考慮すると結構状況が変わります。

西日が強いから避けた方が良いと記載しましたが、西側に大きな山が有ったり、大きなお屋敷やビルが有ったりすると、

実際、西日は自分の家には当たりません。これは平面計画をするにあたり、かなり重要な事です。

窓の取り方は、必ず隣地も考慮して行ってくださいね。

lifunの社長宅は西側に大きな山が有り、冬は12時、夏でも3時には日影になります。

そして、夏場は夕方になると山から涼しい風が下りてきます。

そして、その天然の冷気を取り入れるためには、西側に大きな窓が有ると最高ですよね!

敷地を読む事の大切さ。

その土地に合った計画が必ずあると思います。

0A5A8436_1600_800.jpg


にほんブログ村

岐阜県で注文住宅を建てるなら
A-Studio Lifun
HPはこちら
contactはこちら
tel 0573-79-2875
address 岐阜県中津川市加子母3824

By

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。